【Android】スマホのカメラをスキャナーとして利用する

スポンサーリンク

はじめに

「Office Lens」というアプリを使うことでスマホをスキャナーとして使うことができます。また「Office Lens」で撮った画像はPDFやPowerPointに変換することもできるので、黒板や名刺の保存に便利です。今回はこの「Office Lens」の使い方を紹介します。

「Office Lens」は下記のURLからダウンロードすることができます。

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.microsoft.office.officelens

「Office Lens」で画像を保存する

下記の手順で「Office Lens」で画像を保存することができます。

1.「Office Lens」アプリを起動します。

2.初回起動時はアプリに必要な権限を要求されるので、「許可」をタップします。

3.「スキャンを開始する」をタップします。

4.カメラへのアクセス権限が要求されるので、「許可」をタップします。

5.カメラが起動します。次回からはアプリを起動するとここから開始します。

6.画面の下にあるメニューから最適な項目を選択し、撮影ボタンをタップします。今回はPCモニターを撮影するので、「ホワイトボード」を選択しました。

7.撮影した画像が表示されるので、問題なければチェックマークボタンをタップします。画像を斜めに撮影しても自動で読みやすいように補正されるので、通常のカメラアプリで撮影するよりは読みやすくなります。

8.「タイトル」にファイル名を入力し、「保存先」で画像を保存するアプリを選択します。最後に画面の下にある「保存」をタップします。

これで「Office Lens」で画像を保存することができました。
実際使用してみると分かるのですが、斜めの画像を自動で補正してくれる機能は大変便利です。私はパスポートや免許証を画像で提出しないといけない場合にこのアプリをよく使っています。

検証環境

Essential Phone
Android 9.0
Office Lens 16.0.10325.20047

スポンサーリンク

シェアする

フォローする