【Photoshop CC】作業中に自動保存するように設定する

スポンサーリンク

はじめに

「Photoshop」とは写真の編集やデザイン・イラストの作成などを行うことができるアプリです。
Photoshopでは作業中にクラッシュしても復元できるように自動保存機能があります。今回はPhotoshopで作業中に自動保存するように設定する方法を紹介します。

作業中に自動保存するように設定する

下記の手順で作業中に自動保存するように設定することができます。

1.メニューバーにある「編集」をクリックします。

2.メニューが表示されるので、「環境設定」の「ファイル管理」をクリックします。

3.「環境設定」ダイアログが表示されるので、「ファイルの保存オプション」にある「復元情報を次の間隔で自動保存」にチェックを入れます。

4.自動保存の間隔を変更する場合はチェックボックスの下にあるドロップダウンリストをクリックします。

5.メニューが表示されるので、自動保存したい間隔をクリックします。
自動保存できる間隔:5分、10分、15分、30分、1時間

6.「OK」をクリックします。

これで作業中に自動保存するように設定することができました。

自動保存される復元ファイルはWindows10では下記のフォルダに保存されます。
C:\Users\<ユーザー名>\AppData\Roaming\Adobe\Adobe Photoshop CC\AutoRecover

検証環境

Windows 10 Pro
Photoshop CC

やさしいレッスンで学ぶ きちんと身につくPhotoshopの教本
高橋 としゆき 吉岡 豊 高嶋 一成 マルミヤン
エムディエヌコーポレーション (2017-09-12)
売り上げランキング: 205,854