【DS】「ポケモン不思議のダンジョン 時の探検隊」の感想

今回遊んだゲームは「ポケモン不思議のダンジョン 時の探検隊」。
「不思議のダンジョン」のポケモン版といった感じのゲームでしょうか。
「不思議のダンジョン」といえば「トルネコの大冒険3」にハマって延々と遊んでいた想い出があります。
懐かしいなぁ。

ポケモン不思議のダンジョン 時の探検隊
任天堂 (2007-09-13)
売り上げランキング: 4,411

で、実際にプレイしてみたのですが、何と言ってもストーリーが最高でした。
うーん、これは私の中の物語ランキングで間違いなく上位にきますね。
エンディングなんて涙なしには見ることができませんでした。
今思い返しただけでもグッとくるものがあります。

ゲームシステムに関してはいつもの不思議のダンジョンシリーズといったところでしょうか。
いろんなポケモンを仲間にできて一緒に冒険できるのは楽しかったです。

ただ仲間システムに1つ難点があって、それは仲間のかしこさが全然上がらないことです。
アイテムのグミをあげることでかしこさを上げることができるのですが、これがアイテムの入手難易度に比べて少ししか上がりません。何百種類ものポケモンが仲間になるわけですから、もっとかしこさが上がりやすくても良かったんじゃないかなと思いました。あれだけ上がりづらいとコンプリートする気にならないです。

まぁそういった細かい点で気になることはいくつかありましたが、とにかく面白かったです。
ちなみに私は主人公「ゼニガメ」、パートナー「アチャモ」でやりました。
アチャモは本当にかわいいので、パートナーにおすすめです。

ポケモン不思議のダンジョン 時の探検隊・闇の探検隊 (任天堂公式ガイドブック)
ポケモン 任天堂株式会社
小学館
売り上げランキング: 577,378
スポンサーリンク