【英語学習】Misadventures of Salem Hyde: Book One: Spelling Trouble

英語学習

はじめに

英語学習19冊目「Misadventures of Salem Hyde: Book One: Spelling Trouble」を読みました。

感想

「Misadventures of Salem Hyde: Book One: Spelling Trouble」を読みました。

スペルが苦手な魔法使いの女の子と猫が仲良くなっていくお話でした。
この本は絵本ではなく漫画でした。
漫画は慣れているから読みやすいかなと思ったのですが、英語になると非常に難しかったです。
とにかく単語が難しくて引っかかりまくりました。
漫画は私の英語学習に向いてないかもしれないですね。

英語レベル:★★★☆☆
が多いほど、難しくなります。

内容紹介

Salem Hyde just isn’t like other kids. For one thing, she’s stubborn, independent, and impulsive. For another, she’s a witch. Salem acts first and thinks later–which means most of her thinking involves coming up with excuses! Good thing she’s been assigned an animal companion, Lord Percival J. Whamsford III. This over-anxious cat doesn’t like Salem calling him Whammy, and Salem doesn’t like listening to his long-winded explanations as to why she shouldn’t do something . . . like enter the class spelling bee. Salem knows she can beat all her classmates at spells, no problem. Too late, she realizes the competition is about spelling words, not magic. And there’s nothing like a misspelled spell to cause all kinds of havoc!

コメント