【Android】バッテリーマネージャを有効にして、電池使用を節約する

スポンサーリンク

はじめに

Android9からバッテリーマネージャという機能が追加されました。この機能を使うことによって、使用頻度の低いアプリの電池使用を制限することができます。今回はバッテリーマネージャを有効にする方法を紹介します。

バッテリーマネージャを有効にする

下記の手順でバッテリーマネージャを有効にすることができます。

1.ホームスクリーンでホームボタンから上にスワイプして、アプリドロワーを表示します。

2.「設定」アプリをタップして、起動します。

3.「電池」をタップします。

4.「バッテリーマネージャ」をタップします。

5.「アプリを自動的に管理」スイッチをオンにします。

これでバッテリーマネージャを有効にすることができました。

検証環境

Essential Phone
Android 9.0

スポンサーリンク

シェアする

フォローする