【Blender】Denoisingを有効にして、ノイズを除去する


スポンサーリンク

はじめに

Blender2.79からDenoising機能が追加されました。Denoising(デノイズ)とは可能な限り見た目を変えずにノイズを除去する機能で、同じサンプル数ではDenoisingがオンの方がレンダリング結果がきれいになります。今回はDenoisingを有効にする方法を紹介します。

Denoisingを有効にする

以下の手順でDenoisingを有効にすることができます。

1.「Properties」ビューにある「Render Layers」タブをクリックします。

2.「Denoising」にチェックを入れて、有効にします。チェックを外すと無効になります。

これでDenoisingを有効することができました。

下記のサンプルはサンプル数32でレンダリングした結果になります。

Denoisingがオフの場合

Denoisingがオンの場合

検証環境

Windows 10 Pro
Blender 2.79

スポンサーリンク

シェアする

フォローする