【iPad】パスコードのオンとオフを切り替える


スポンサーリンク

はじめに

iPadでは特定の操作を行う際の認証としてパスコードを使用します。セキュリティ的に危険ですが、パスコードをオフにして認証不要に設定することもできます。今回はパスコードのオンとオフを切り替える手順を紹介します。

パスコードをオンにする

下記の手順でパスコードをオンにすることができます。

1.「設定」アプリをタップします。

2.「パスコード」をタップします。

3.「パスコードをオンにする」をタップします。

4.「パスコードを設定」ダイアログが表示されるので、4桁の数字を入力します。この4桁の数字がパスコードになります。

5.確認として4で入力した4桁の数字をもう一度入力します。

これでパスコードをオンにすることができました。

パスコードをオフにする

下記の手順でパスコードをオフにすることができます。

1.「設定」アプリをタップします。

2.「パスコード」をタップします。

3.「パスコードを入力」ダイアログが表示されるので、設定していたパスコードを入力します。

4.「パスコードをオフにする」をタップします。

5.「パスコードをオフにする」ダイアログが表示されるので、設定していたパスコードを入力します。

これでパスコードをオフにすることができました。

パスコードを変更する

下記の手順でパスコードを変更することができます。

1.「設定」アプリをタップします。

2.「パスコード」をタップします。

3.「パスコードを入力」ダイアログが表示されるので、設定していたパスコードを入力します。

4.「パスコードを変更」をタップします。

5.「パスコードを変更」ダイアログが表示されるので、設定していたパスコードを入力します。

6.新しいパスコードを入力します。

7.確認として6で入力したパスコードをもう一度入力します。

これでパスコードを変更することができました。

検証環境

iPad Mini 2
iOS 11.2.6

Apple iPad mini 2 Wi-Fiモデル 32GB シルバー ME280J/A
アップル
売り上げランキング: 4,489
スポンサーリンク

シェアする

フォローする