【Audition CC】オーディオファイルを保存する

スポンサーリンク

はじめに

「Audition CC」はデジタルオーディオを編集するツールです。今回はAuditionでオーディオファイルを保存する方法を紹介します。

オーディオファイルを保存する

下記の手順でオーディオファイルを保存することができます。

1.メニューバーにある「ファイル」をクリックします。

2.メニューが表示されるので、「保存」をクリックします。

3.「別名で保存」ダイアログが表示されるので、下記の項目を入力して「OK」をクリックします。
ファイル名:保存するオーディオファイルの名前を入力します。
場所:オーディオファイルを保存するフォルダーを入力します。
形式:オーディオファイルの形式を選択します。
サンプルタイプ:サンプルレートやチャンネル、ビットデプスを選択します。
形式の設定:データの圧縮および保存モードを選択します。
マーカーと他のメタデータを含める:チェックを入れると、保存ファイルにオーディオのマーカーとメタデータパネルの情報を含めます。

4.ファイル形式が不可逆圧縮形式の場合は下記のダイアログが表示されるので、「はい」をクリックします。

これでオーディオファイルを保存することができました。

参考サイト

オーディオファイルの保存と書き出し
https://helpx.adobe.com/jp/audition/using/saving-exporting-files1.html

検証環境

Windows 10 Pro
Audition CC