【Audition CC】オーディオファイルの音量レベルを統一する

スポンサーリンク

はじめに

「Audition CC」はデジタルオーディオを編集するツールです。今回はAuditionでオーディオファイルの音量レベルを統一する方法を紹介します。

オーディオファイルの音量レベルを統一する

下記の手順でオーディオファイルの音量レベルを統一することができます。

1.音量を調整したいオーディオファイルをエディターで開きます。

2.メニューバーにある「エフェクト」をクリックします。

3.メニューが表示されるので、「振幅と圧縮」にある「ノーマライズ(プロセス)」をクリックします。

4.「Normalize」ダイアログが表示されるので、下記の項目を変更します。
ノーマライズ比率:最大増幅値に対する最大ピークのパーセンテージ、もしくはdBを設定します。
すべてのチャンネルを均等にノーマライズ:チェックを入れると、すべてのチャンネルでノーマライズします。
DCバイアス調整:チェックを入れると、波形表示での波形の位置を調整できます。

5.変更が完了したら、「適用」をクリックします。

これでオーディオファイルの音量レベルを統一することができました。

参考サイト

振幅および圧縮エフェクトをオーディオに適用する
https://helpx.adobe.com/jp/audition/using/amplitude-compression-effects.html#amplify_effect

検証環境

Windows 10 Pro
Audition CC