【Unity】「Master Audio」で環境音を再生する

スポンサーリンク

はじめに

今回は「Master Audio」アセットを使って環境音を再生する方法を紹介します。ここでいう環境音とはゲーム中に変わらずに鳴っている音のことで、この方法を使えばAudioListenerが音を鳴らしているGameObjectに近づいたときだけ環境音を再生することができます。これによりずっと音を再生している場合よりパフォーマンスがよくなります。

まだSEを鳴らす準備をしていない場合は下記の記事を参考にしてください。
「Master Audio」でSEを鳴らす準備をする

環境音を再生する

下記の手順で環境音を再生することができます。

1.環境音を再生したいオブジェクトを選択します。

2.「Inspector」で「Add Component」をクリックします。

3.メニューが表示されるので、「Ambient Sound」スクリプトを検索して選択します。

4.「Ambient Sound」スクリプトにある「Ambient Sound Group」をクリックします。

5.メニューが表示されるので、このGameObjectが再生したい環境音のSound Groupを選択します。[Type In]を選択すると、直接グループ名を入力することができます。

6.これで環境音を再生する準備が整いました。AudioListenerがこのGameObjectに近づくと自動で環境音が再生されるようになります。
Follow Caller」にチェックを入れると、環境音はGameObjectの動きについていきます。

これで環境音を再生することができました。

参考サイト

Ambient Sound
http://www.dtdevtools.com/docs/masteraudio/AmbientSound.htm

検証環境

Windows 10 Pro
Unity 2018.2.7f1