【Premiere Pro CC】動画の手ぶれを補正する

スポンサーリンク

はじめに

「Adobe Premiere Pro」とは本格的な動画編集を行うことができるアプリです。今回は「Adobe Premiere Pro」で動画の手ぶれを補正する方法を紹介します。

動画の手ぶれを補正する

下記の手順で動画の手ぶれを補正することができます。

1.「エフェクト」パネルにある「ビデオエフェクト」->「ディストーション」->「ワープスタビライザー」を選択します。「エフェクト」ウィンドウが表示されていない場合はメニューバーにある「ウィンドウ」->「エフェクト」にチェックを入れます。

2.タイムライン上にある手ぶれを補正したいクリップにドラッグ・アンド・ドロップします。これで自動的に手ぶれ補正が行われます。

3.手ぶれ補正の結果を調整したい場合は「エフェクトコントロール」にある「ワープスタビライザー」の値を変更します。
結果
滑らかなモーション」を選択すると、カメラの動きが滑らかになります。
モーションなし」を選択すると、カメラの動きが除去されます。

補間方法
位置」を選択すると、位置データのみでスタビライズする。
位置・スケール・回転」を選択すると、その3つのデータでスタビライズする。
遠近」を選択すると、フレーム全体に効果的にコーナーピンを適用して、スタビライズする。
サブスペースワープ」を選択すると、フレームの様々な部分に異なるワープを適用して、スタビライズする。

以上で動画の手ぶれを補正することができました。

参考サイト

Premiere ProことはじめStep2:YouTube動画の作り方

検証環境

Windows 10 Pro
Premiere Pro CC

プロが教える!  Premiere Pro デジタル映像 編集講座 CC対応
SHIN-YU 川原 健太郎 鈴木 成治 月足 直人
ソーテック社
売り上げランキング: 5,450