【Premiere Pro CC】Media Encoder CCを使用して、動画を書き出す

スポンサーリンク

はじめに

「Adobe Premiere Pro」とは本格的な動画編集を行うことができるアプリです。今回は「Adobe Premiere Pro」でMedia Encoder CCを使用して、動画を書き出す方法を紹介します。

Media Encoder CCを使用して、動画を書き出す

下記の手順でMedia Encoder CCを使用して、動画を書き出すことができます。

1.動画の書き出しを行いたいタイムラインを選択し、メニューバーにある「ファイル」をクリックします。

2.メニューが表示されるので、「書き出し」->「メディア」をクリックします。

3.「書き出し設定」ダイアログが表示されるので、「キュー」をクリックします。「キュー」を選択することで、「Media Encoder CC」が起動します。

4.「Media Encoder CC」の「プリセットブラウザー」パネルから書き出しに使用したいプリセットを選択して、「キュー」パネルにドラッグ・アンド・ドロップします。
今回は「YouTube 1080p HD」を選択します。

5.不要なプリセットを追加してしまった場合は不要なプリセットを選択して、「キュー」パネルにある削除アイコンをクリックします。

6.削除確認ダイアログが表示されるので、「はい」をクリックします。これで不要なプリセットが削除されます。

7.動画を出力するフォルダーやファイル名を変更したい場合は、「キュー」パネルにある出力ファイルをクリックします。

8.「別名で保存」ダイアログが表示されるので、動画を出力するフォルダーとファイル名を入力して「保存」をクリックします。

9.プリセットの設定が完了したら、「キュー」パネルにある「キューを開始」をクリックします。

10.動画の書き出しが始まるので、完了まで待ちます。

これでMedia Encoder CCを使用して、動画を書き出すことができました。

参考サイト

Premiere ProことはじめStep1:旅の思い出を作品にしよう | Adobe Premiere Pro CCチュートリアル

検証環境

Windows 10 Pro
Premiere Pro CC

プロが教える!  Premiere Pro デジタル映像 編集講座 CC対応
SHIN-YU 川原 健太郎 鈴木 成治 月足 直人
ソーテック社
売り上げランキング: 5,450