【Premiere Pro CC】クリップを早送りやスローモーションで再生する

スポンサーリンク

はじめに

「Adobe Premiere Pro」とは本格的な動画編集を行うことができるアプリです。今回は「Adobe Premiere Pro」でクリップを早送りやスローモーションで再生する方法を紹介します。

クリップを早送りで再生する

下記の手順でクリップを早送りで再生することができます。

1.「Adobe Premiere Pro」を起動して、プロジェクトを開きます。

2.「タイムライン」ウィンドウで早送りしたいクリップを右クリックします。

3.メニューが表示されるので、「速度・デュレーション」をクリックします。

4.「クリップ速度・デュレーション」ダイアログが表示されるので、速度を入力します。100%が標準なので、早送りしたい場合は100より大きい数字を入力します。

5.「OK」をクリックします。

以上でクリップを早送りで再生することができました。

クリップをスローモーションで再生する

下記の手順でクリップをスローモーションで再生することができます。

1.「Adobe Premiere Pro」を起動して、プロジェクトを開きます。

2.「タイムライン」ウィンドウでスローにしたいクリップを右クリックします。

3.メニューが表示されるので、「速度・デュレーション」をクリックします。

4.「クリップ速度・デュレーション」ダイアログが表示されるので、速度を入力します。100%が標準なので、スローにしたい場合は100より小さい数字を入力します。

5.「OK」をクリックします。

以上でクリップをスローモーションで再生することができました。

参考サイト

Premiere ProことはじめStep1:旅の思い出を作品にしよう | Adobe Premiere Pro CCチュートリアル

検証環境

Windows 10 Pro
Premiere Pro CC

プロが教える!  Premiere Pro デジタル映像 編集講座 CC対応
SHIN-YU 川原 健太郎 鈴木 成治 月足 直人
ソーテック社
売り上げランキング: 5,450