過去の投稿を自動でツイートしてくれるプラグイン「Revive Old Post」

スポンサーリンク

Revive Old Postとは

Revive Old Post」プラグインは、過去の投稿を指定した間隔で自動でツイートしてくれるプラグインです。最近のサイトはTwitterなどのSNSからの流入がかなり重要なので、このプラグインを活用してページビューを増やしたいです。

Revive Old Postのインストール

「Revive Old Post」プラグインのインストール方法は他のプラグインと同じです。
「プラグイン」->「新規追加」をクリックし、「Revive Old Post」で検索します。
「Revive Old Post」が表示されたら、「今すぐインストール」ボタンをクリックしてインストールします。インストール完了後に「有効化」ボタンをクリックすれば、使用できるようになります。

Revive Old Postの設定

「Revive Old Post」の設定は下記の通りです。私の場合は全てにチェックを入れています。

Accounts

「Accounts」タブで連携したいSNSのアカウントを設定します。連携したいSNSの横にある「Add Account」ボタンをクリックして、ログインします。

General settings

ツイートの間隔や種類に関する設定です。

Minimum interval between shares:前回のツイートから何時間後にツイートするかを設定します。
Minimum age of post to be eligible for sharing:ここで設定した日数より前の投稿をツイートの対象にします。
Maximum age of post to be eligible for sharing:ここで設定した日数より後の投稿をツイートの対象にします。
Number of Posts to share:1回にいくつの投稿をツイートするか設定します。
Share old posts more than once:同じ投稿を1回以上ツイートするかどうかです。
Google Analytics Campaign Tracking:これはよくわからなかったのですが、チェックを入れると自動でツイートされませんでした。
Exclude/Include Specific Categories:ツイート対象に含むカテゴリー(Include)、含まないカテゴリー(Exculde)を設定できます。

Post Format

投稿の形式に関する設定です。

Post Content:ツイートに何をふくめるかを設定します。
Length:ツイートの長さを設定します。
Post Content Custom Field:ツイートにどのカスタムフィールドを追加するかの設定です。「Post Content」が「Custom Field」の場合に設定します。
Additional Text:ツイートに追加するテキストを設定します。
Additional Text At:ツイートのどこにテキストを追加するかを設定します。
Include Link:ツイートに投稿へのリンクを含むかどうかです。
Fetch URL From Custom Field:カスタムフィールドからURLを追加するかどうかです。
Use URL Shortner:ツイートに短縮URLを使うかどうかです。
URL Shortner Service:短縮URLを使う場合はどのサービスを使うか選択します。
Hashtags:ツイートにハッシュタグを含めるかどうかです。

ツイートを開始する

ツイートを開始する場合は設定画面の下にある「START SHARING」ボタンをクリックします。逆に停止したい場合は「STOP SHARING」ボタンをクリックします。

まとめ

「 Revive Old Post」プラグインを使うことで、SNSからの過去の投稿へのアクセス数アップを狙います。これで少しでもページビューが増えたらうれしいです。

検証環境

Windows 10 Pro
WordPress 4.8.3
Revive Old Post 7.5.0