【2D Game Kit】イベントを使って、アクションを実行する


スポンサーリンク

はじめに

2D Game Kitとは、コードを書かずに2Dアクションゲームを作成することができるアセットです。今回はこのアセットでイベントを使ってアクションを実行する方法を勉強します。

「2D Game Kit」は下記のリンクからダウンロードして、インポートすることができます。

2D Game Kit – Asset Store
https://assetstore.unity.com/packages/essentials/tutorial-projects/2d-game-kit-107098

Pressure Padに乗ったら扉を開く

下記の手順でPressure Padに乗ったら扉を開くように設定することができます。

1.Projectビューの「Prefabs」->「Interactables」にある「Door」をHierarchyビューにドラッグします。

2.追加した「Door」を配置したい場所に移動します。

3.Projectビューの「Prefabs」->「Interactables」にある「PressurePad」をHierarchyビューにドラッグします。

4.追加した「PressurePad」を配置したい場所に移動します。プレイヤーが「PressurePad」に引っかからないように高さに気をつけます。

5.Inspectorビューで「Pressure Pad(Script)」にある「On Pressed()」の「+」ボタンをクリックします。これによって「Pressure Pad」押下時のイベントを追加できるようになります。

6.追加したイベントにアクションを入力します。今回はドアが開くアニメーションを実行するように設定します。
Object:「Hierarchy」ビューから「Door」をドラッグします。
Function:「Animator」にある「Play(string)」を選択します。
Parameter:「DoorOpening」と入力します。

これでPressure Padに乗ったら扉を開くように設定することができました。
実行して、Pressure Padに乗ると扉が開きます。

参考サイト

Unity – イベントで扉を開く
https://unity3d.com/jp/learn/tutorials/projects/2d-game-kit/opening-door-events?playlist=50641

検証環境

Windows 10 Pro
Unity 2017.3.1f3

星のカービィ スターアライズ - Switch
任天堂 (2018-03-16)
売り上げランキング: 1