【2D Game Kit】ステージに動く床を追加する


スポンサーリンク

はじめに

2D Game Kitとは、コードを書かずに2Dアクションゲームを作成することができるアセットです。今回はこのアセットでステージに動く床を追加する方法を勉強します。

「2D Game Kit」は下記のリンクからダウンロードして、インポートすることができます。

2D Game Kit – Asset Store
https://assetstore.unity.com/packages/essentials/tutorial-projects/2d-game-kit-107098

動く床を追加する

下記の手順で動く床を追加することができます。

1.Projectビューの「Prefabs」->「Interactables」にある「MovingPlatform」をHierarchyビューにドラッグします。

2.床の画像がある方の移動ツールギズモを使って、動く床を配置したい場所に移動します。

3.赤い点線上にある移動ツールギズモを使って、動く床を移動させたい場所に移動します。

4.Inspectorビューにある「Preview position」スライダーを使うと、動く床がどう動くか確認できます。

5.複雑に床を動かしたいときはInspectorビューにある「Add Node」ボタンをクリックして、点を追加します。

6.追加した点を動く床を移動させたい場所に移動します。

7.Inspectorビューにある「Looping」を変更することで動く床の動作を変更することができます。
BACK_FORTH:床は始点と終点を往復します。
LOOP:始点と終点がつながり、床はその円上を動きます。
ONCE:床は始点から終点まで移動して、そのまま停止します。

8.Inspectorビューにある「Speed」を変更することで動く床の速度を変更することができます。

9.Inspectorビューにある「Start moving」にチェックを入れると、ステージの読み込みと同時に床が動き始めます。チェックを外した場合は手動で動かす必要があります。
「When becoming visible」にチェックを入れると、床が画面に表示されてから動き始めるようになります。

10.Inspectorビューの各Nodeにある「Wait Time」を指定することで、床を指定秒数の間そのNode上に待機させることができます。

これで動く床を追加することができました。

参考サイト

Unity – 動く地面を追加する
https://unity3d.com/jp/learn/tutorials/projects/2d-game-kit/adding-moving-platform?playlist=50641

検証環境

Windows 10 Pro
Unity 2017.3.1f3

星のカービィ スターアライズ - Switch
任天堂 (2018-03-16)
売り上げランキング: 1