WordPressのページ表示を高速化するキャッシュプラグイン「WP Fastest Cache」

スポンサーリンク

WP Fastest Cacheとは

WP Fastest Cache」プラグインは、サイトの表示を高速化するキャッシュプラグインです。他のキャッシュプラグインより設定が簡単で初心者の私にも使いやすかったので、このプラグインを使っています。

WP Fastest Cacheのインストール

「WP Fastest Cache」プラグインのインストール方法は他のプラグインと同じです。
「プラグイン」->「新規追加」をクリックし、「WP Fastest Cache」で検索します。
「WP Fastest Cache」が表示されたら、「今すぐインストール」ボタンをクリックしてインストールします。インストール完了後に「有効化」ボタンをクリックすれば、使用できるようになります。

WP Fastest Cacheの設定

「WP Fastest Cache」の設定は下記の通りです。私の場合は全てにチェックを入れています。

設定

キャッシュ:チェックを入れると、キャッシュが有効になります。
Preload:チェックを入れると、全サイトのキャッシュを自動的に生成します。
ログインユーザー:チェックを入れると、WordPressにログインしているユーザーにはキャッシュを表示しなくなります。サイト管理者はキャッシュより最新の状態を確認したほうが良いので、チェックを入れた方が良いと思います。
モバイル:チェックを入れると、モバイルユーザーにはキャッシュを表示しなくなります。
新しい投稿:チェックを入れると、記事を投稿時にキャッシュをクリアします。
Update Post:チェックを入れると、記事を更新時にキャッシュをクリアします。
HTMLの圧縮:チェックを入れると、HTMLを圧縮してページサイズを小さくします。
CSSの圧縮:チェックを入れると、CSSファイルを圧縮します。
CSSの結合:チェックを入れると、CSSファイルを結合して、通信回数を減らします。
JSの結合:チェックを入れると、JavaScriptファイルを結合して、通信回数を減らします。
Gzip圧縮:チェックを入れると、サーバー上でファイルを圧縮して通信量を減らします。
ブラウザキャッシュ:チェックを入れると、ブラウザのキャッシュ機能を利用して表示を高速化します。
言語:プラグインの言語を変更できます。

キャッシュの削除

設定にある「キャッシュの削除」タブで生成されたキャッシュを削除することができます。

キャッシュの削除:キャッシュフォルダ内のすべてのキャッシュを削除します。
キャッシュと圧縮されたCSS/JSファイルを削除:キャッシュフォルダ内のすべてのキャッシュと圧縮されているCSS/JSファイルを削除します。

まとめ

「WP Fastest Cache」プラグインを使うことでサイトのスコアがかなり良くなりました。サイトに不具合やトラブルを起こさなければ導入を考えても良いと思います。

参考サイト

WP Fastest Cache – WordPressプラグイン
https://ja.wordpress.org/plugins/wp-fastest-cache/

初心者にも扱いやすいWordPressキャシュプラグイン「WP Fastest Cache」の使い方
https://nelog.jp/wp-fastest-cache

検証環境

Windows 10 Pro
WordPress 4.8.3
WP Fastest Cache 0.8.7.4