自動で目次を作成してくれるプラグイン「Table of Contents Plus」

スポンサーリンク

Table of Contents Plusとは

Table of Contents Plus」プラグインは、記事の目次を自動で作成してくれるプラグインです。最近のサイトはよく記事の上に目次がついているので、目的の情報まで辿りやすくて助かります。ちなみにこのページの目次も「Table of Contents Plus」で作成しています。

Table of Contents Plusのインストール

「Table of Contents Plus」プラグインのインストール方法は他のプラグインと同じです。

「プラグイン」->「新規追加」をクリックし、「Table of Contents Plus」で検索します。

「Table of Contents Plus」が表示されたら、「今すぐインストール」ボタンをクリックしてインストールします。インストール完了後に「有効化」ボタンをクリックすれば、使用できるようになります。

Table of Contents Plusの設定

「Table of Contents Plus」の設定は下記の通りです。

基本設定

下記の項目を設定することができます。

位置:目次を表示する位置を選択できます。

表示条件:見出しタグ(<h1>~<h6>)がいくつ以上あれば目次を生成するかを設定できます。記事内の見出しタグがここで設定した数より少ない場合は目次が生成されません。

以下のコンテンツタイプを自動挿入:目次を自動挿入するタイプを設定します。チェックしたタイプを作成した場合は自動で目次が挿入されます。自動挿入しない場合は[toc]と記述すればその場所に目次が挿入されます。

見出しテキスト:目次にタイトルをつけるかどうかです。目次の折りたたみの設定もここでできます。

階層表示:見出しタグごとにインデントをつけるかどうかです。

番号振り:目次を番号表示するかどうかです。

スムーズ・スクロール効果を有効化:目次をクリックしたときにスクロールアニメーションをするかどうかです。

以下は外観に関する設定になります。

横幅:目次の横幅を設定できます。

回り込み:目次の左右に記事を書き込めるかどうかです。

文字サイズ:目次の文字の大きさを設定できます。

プレゼンテーション:目次の見た目を変更できます。

以上です。

まとめ

「Table of Contents Plus」プラグインを使うことで記事に自動で目次をつけることができます。目次を自分で作るとなると相当大変なので、このプラグインは本当にありがたいです。

検証環境

Windows 10 Pro
WordPress 4.8.3
Table of Contents Plus 1601