Windowsのフォルダオプションをカスタマイズする

スポンサーリンク

はじめに

Windowsのフォルダオプションは初期設定のままだと、拡張子が表示されなかったり隠しファイルが表示されなかったりとなかなか不便です。そこで毎回私が最初に設定を変更するフォルダオプションを紹介します。

フォルダオプションのカスタマイズ

フォルダオプションをカスタマイズは下記の手順で行います。

1.「エクスプローラー」を開き、「表示」タブにある「オプション」ボタンをクリックします。

2.「フォルダーオプション」ダイアログが表示されるので、「表示」タブをクリックします。

3.そこにある「詳細設定」のチェックボックスを変更して、カスタマイズします。

4.カスタマイズが完了したら、「適用」ボタンをクリックします。

下記で私がいつも設定する項目を紹介します。

タイトルバーに完全なパスを表示する

これはエクスプローラーのタイトルバーに完全なパスを表示するかどうかです。私は完全なパスを表示したいので、このチェックボックスをオンにしています。

隠しファイル、隠しフォルダー、および隠しドライブを表示する

これはエクスプローラーに隠しファイルなどを表示するかどうかです。これは表示されないと不便なので、チェックボックスをオンにしています。

登録されている拡張子は表示しない

これはエクスプローラーで拡張子を表示するかどうかです。拡張子は表示されていないと困るので、このチェックボックスはオフにしています。

まとめ

上記の設定はWindowsをインストールしたら一番初めに行います。あとはエクスプローラーの表示レイアウトを「詳細」に変更することとクイックアクセスを表示しないようにすることでしょうか。久しぶりにWindowsをインストールしたので、メモとして書きました。

検証環境

Windows 10 Pro

スポンサーリンク

シェアする

フォローする