【OneDrive】Windows10でファイルオンデマンド機能を有効にする


スポンサーリンク

はじめに

ファイルオンデマンド機能とは、OneDrive上のファイルをダウンロードすることなくアクセスできるようにする機能です。この機能を利用することでデバイス上の記憶域を使用することなく全てのファイルにアクセスできるようになります。

windows10でファイルオンデマンド機能を有効にする

下記がWindows10でファイルオンデマンド機能を有効にする手順になります。

1.デスクトップ画面右下の「OneDrive」ボタンをクリックします。

2.ダイアログが表示されるので、右上にある「︙」ボタンをクリックします。

3.メニューが表示されるので、「設定」をクリックします。

4.「Microsoft OneDrive」ダイアログが表示されるので、「設定」タブをクリックします。

5.「ファイルのオンデマンド」にある「容量を節約し、ファイルを使用するときにダウンロード」チェックボックスにチェックを入れます。これにより、ファイルオンデマンド機能が有効になります。

6.設定を変更したら「OK」ボタンをクリックします。

以上でファイルオンデマンド機能が有効になりました。

windows10でファイルオンデマンド機能を無効にする

下記がWindows10でファイルオンデマンド機能を無効にする手順になります。

1.デスクトップ画面右下の「OneDrive」ボタンをクリックします。

2.ダイアログが表示されるので、右上にある「︙」ボタンをクリックします。

3.メニューが表示されるので、「設定」をクリックします。

4.「Microsoft OneDrive」ダイアログが表示されるので、「設定」タブをクリックします。

5.「ファイルのオンデマンド」にある「容量を節約し、ファイルを使用するときにダウンロード」チェックボックスのチェックを外します。これにより、ファイルオンデマンド機能が無効になります。

6.確認ダイアログが表示されるので、「OK」ボタンをクリックします。

7.設定を変更したら「OK」ボタンをクリックします。

以上でファイルオンデマンド機能が無効になりました。

検証環境

Windows 10 Pro
OneDrive 2017

スポンサーリンク

シェアする

フォローする