【Windows10】仮想デスクトップを使用する


スポンサーリンク

はじめに

仮想デスクトップとは用途ごとにデスクトップを作成することができる機能です。これを利用することでデスクトップをすっきりさせたままで作業することができます。

仮想デスクトップを追加する

下記の手順で仮想デスクトップを追加することができます。

1.デスクトップ画面左下の「タスクビュー」ボタンをクリックします。

2.画面右下に表示される「新しいデスクトップ」ボタンをクリックします。

3.デスクトップ2が追加されます。

以上で仮想デスクトップを追加することができました。

ショートカットキー「Windows」+「Ctrl」+「D」でも仮想デスクトップを追加することができます。

仮想デスクトップを切り替える

下記の手順で仮想デスクトップを切り替えることができます。

1.デスクトップ画面左下の「タスクビュー」ボタンをクリックします。

2.画面下の仮想デスクトップ一覧から切り替えたい仮想デスクトップをクリックします。

以上で仮想デスクトップを切り替えることができました。

ショートカットキー「Windows」+「Ctrl」+「←」/「→」でも仮想デスクトップを切り替えることができます。

仮想デスクトップを削除する

下記の手順で仮想デスクトップを削除することができます。

1.デスクトップ画面左下の「タスクビュー」ボタンをクリックします。

2.画面下の仮想デスクトップ一覧から削除する仮想デスクトップの右上にある「X」ボタンをクリックします。

以上で仮想デスクトップを削除することができました。

ショートカットキー「Windows」+「Ctrl」+「F4」でも仮想デスクトップを削除することができます。

仮想デスクトップ間でアプリを移動する

下記の手順で仮想デスクトップ間でアプリを移動することができます。

1.デスクトップ画面左下の「タスクビュー」ボタンをクリックします。

2.画面上のアプリ一覧から移動したいアプリの上で右クリックし、「移動」で移動したい仮想デスクトップを選択します。

以上で仮想デスクトップ間でアプリを移動することができました。

検証環境

Windows 10 Pro

Windows 10 パーフェクトマニュアル 2018年改訂版
タトラエディット
ソーテック社
売り上げランキング: 30,404
スポンサーリンク

シェアする

フォローする