【Unity】「Adventure Creator」での3Dゲームの作り方

スポンサーリンク

はじめに

今回は前回学んだセットアップ以降の手順を勉強します。「Adventure Creator」では2Dや2.5Dのゲームも作れるのですが、今回は3Dのアドベンチャーゲームを作っていこうと思います。

3Dアドベンチャーゲームの作り方

Settings Managerの確認

まずはSettings ManagerのCamera settingsが3Dになっているかを確認します。

1.メニューの「Adventure Creator」->「Editors」->「Game Editor」を選択し、「AC Game Editor」を開きます。

2.Settingsタブをクリックし、「Camera settings」の「Camera perspective」が3Dになっているか確認します。3Dになっていない場合は3Dに変更します。

以上でSettings Managerの確認は完了です。

Sceneのセットアップ

新しいSceneをAdventure Creatorで使用できるようにセットアップします。

1.「Scene」タブをクリックし、「Scene Manager」を開きます。

2.「Basic structure」の「Organise room objects」にある「With folders」ボタンか「Without folders」ボタンをクリックします。「With folders」は空のGameObjectを使って整理された状態でセットアップするのでおすすめです。

「With folders」ボタンをクリックすると、Hierarchyビューが下記のようになります。

以上でSceneがAdventure Creator用にセットアップされます。

スタート地点の設定

Sceneのセットアップが完了すると、デフォルトでプレイヤーのスタート地点が追加されています。スタート地点はプレイヤーの開始時の位置と向きを保持しています。

デフォルトのスタート地点は「Scene settings」にある「Default PlayerStart」に設定されているGameObjectになります。

スタート地点は複数追加することができ、どのSceneから遷移してきたかによってスタート地点を変更することができます。デフォルトのスタート地点はゲーム開始時や遷移時に設定されたスタート地点がない場合に使用されます。

絵作り

背景の追加やライトの配置などを行います。
背景などの3DモデルはHierarchyビューの「_SetGeometry」フォルダに配置します。

ColliderやNavMeshの追加

背景にColliderやNavMeshを追加します。
ColliderはUnityのColliderを使用するか、「Scene manager」にある「Navigation」の「Collision Cube」を追加して使用します。

NaviMeshもColliderと同様にUnityのMavMeshを使用するか、「Scene manager」にある「Navigation」の「NavMesh」を追加して使用します。NavMeshを追加したら「Scene settings」にある「Default NavMesh」に設定します。

カメラの追加

次にカメラを追加します。カメラも複数追加することができますが、デフォルトのカメラは一つだけで「Scene settings」にある「Default Camera」に設定します。
MainCameraはひとつだけで、GameCameraを切り替えるときにGameCameraの設定値をMainCameraにコピーして使います。

プレイヤーとインタラクティブの追加

プレイヤーとカットシーンやホットスポット、トリガーなどのロジックを追加します。
この辺りは次回以降に細かく勉強していきます。

まとめ

Adventure Creatorを使った3Dゲーム作成の流れをみてきましたが、実際に作ってみないと何ともいえないです。次回からは実際に手を動かしつつ、色々試していこうと思います。

参考サイト

Adventure Creator User Manual
https://adventurecreator.org/files/Manual.pdf

検証環境

Windows 10 Pro
Unity 2017.3.0f3
Adventure Creator 1.60.7